Riberal Days

第3回働きやすく生産性の高い企業・職場表彰表彰式
2019/02/06
キラリと光る取り組み賞
「第3回働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」にて表彰されました!今日は、企業表彰に対するリベラルの想いを語ります。
ツイート いいね! キラリと光る取り組み賞

ひとりひとりがキラキラ輝けるように

リベラル株式会社 働きやすく生産性の高い企業・職場表彰

2月5日(火)イイノホールにて
第3回 働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」が開催され
リベラルが【キラリと光る取り組み賞】として表彰されました。

キラリと光る取り組み賞は、特定分野の事例で優れた企業・職場に
表彰される賞であり「障害者雇用」にて
この度、リベラルの取り組みを評価していただきました。
設立以来、障害者の戦力化雇用を続けているリベラルにとって
励みになる出来事となりました。

ありがとうございました。

リベラルの企業表彰に対する思い

リベラル株式会社 社員 仕事

2016年のKAIKA大賞受賞、2017年には東京都障害者雇用エクセレントカンパニー賞
2018年はホワイト企業大賞と受賞する機会に恵まれました。

しかし、実はいずれの賞もリベラルが自主的に応募をしたのではなく
リベラルを知る方々から

「こういった賞があるのですが、応募してみませんか」

と声をかけていただき、表彰制度を知ってきたという背景があります。
もちろん決して受賞を確約されたわけではありません。
ただ、応募を決めたからには、中途半端な気持ちではなく
覚悟を持ってチャレンジしてきました。

「リベラルで働く知的障がい者の仕事ぶりを伝えよう!」

そう決めて、応募から実地調査やヒアリングなどに精一杯向き合い
その結果、とても光栄なことに受賞へと繋げることができました。

そういった中で、今回の「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」
リベラルが初めて自主的に応募した企業表彰でした。
この賞に応募したいと言い始めた、ひとりの障がい者社員。

リベラルで実際に障がい者として働き
リベラルが働きやすい環境であることや
知的障害者が売り上げを生み出している生産性の高い職場であることを
より多くの人に知ってもらい、真の障害者雇用を考えるきっかけになればという
思いにより、賞への応募を決めました。

今回ももちろん、応募するにあたり「覚悟」をもって挑みました。
一次書類を通過しないと二次の実地調査へと進めないので
クラフトマン達の姿を見てもらえないまま終わりたくないという
気持ちを込めて作成した応募書類。

書類選考を経て、無事に実地調査を迎え
クラフトマン達の仕事ぶりを
審査員の方々に見ていただけたあの日は
今でも忘れられない時間です。

リベラルで働くクラフトマン達の仕事ぶりは
実際に見ていただくことで本当に伝わるという思いに
変わりはありません。
クラフトマン達も、自分たちの仕事ぶりを
見てもらえることをとても喜んでいます(*^-^*)

今回は、いつもと違う応募背景がありましたが
みんなでとった賞ということには変わりありません。

今までも、今のリベラルを想像できなかったように
これから先も何が起こるか誰もわかりません。
ただ、継続する組織であるために
社員一人ひとりが、組織をより良くしていくという
強い気持ちをもって
一昨年より去年、去年より今年、先月より今月、昨日より今日...
「今」というかけがえのない瞬間を大切にしていきたいです。

過去から学び、今を生きる。
「今」できることを精一杯努める。

最後になりましたが
リベラルで働くクラフトマン達の仕事ぶりを認めてもらえたこと
そこには多くの方の応援と
リベラルの商品を買ってくださるお客様がいらっしゃるからです。

いつも本当にありがとうございます。
これからも、応援してくださるみなさんやお客様に
感謝の気持ちを忘れずに、事業活動を行っていきます。

いつでもクラフトマン達に会いにいらしてくださいね!
社員一同お待ちしています(*^-^*)