Riberal Days

リベラル社内 社員 見学
2018/12/27
「株式会社革靴をはいた猫」様をご存じですか?
とってもすごい会社なんです!!!革靴をはいた猫の社員の方々がリベラルに実習に来てくださいました。
ツイート いいね! 「株式会社革靴をはいた猫」様をご存じですか?

出張型靴磨き専門店、株式会社革靴をはいた猫

リベラル社員 革靴をはいた猫代表取締役

12月に入り、株式会社革靴をはいた猫の社員の方々が
リベラルへ3日間実習に来てくださいました。

革靴をはいた猫では、障がい者が靴磨き職人として活躍されています。
代表取締役の魚見航大さん、青年社長として有名な方です。
魚見さんは実際に、2年間専門店で靴磨きの技術を学び
そのノウハウを障がい者に伝え、みんなで働ける場をつくろうと
会社を設立されました。
言葉では伝えきれない、こだわりをもって仕事をされているその姿は
是非こちらの映像をご覧ください。

社員で企業に出向き革靴を磨く、出張靴磨き
仕事の合間に革靴を磨いてもらえるだなんて
会社員としてはとても嬉しいことですよね♪
こだわりをもって、ピカピカに輝く革靴へと
磨き上げるまさに職人技です。
革靴は決して安いものではありませんし
それぞれこだわりがあるなど、靴に思い入れがある方も
多いかと思います。

「靴を見るとその人がわかる」
「良い靴を履くと、良い場所に連れて行ってくれる」

などよく聞きますが
みなさんも眠っている革靴や輝きをなくしてしまった革靴に
また光を浴びさせてみませんか^^?
動画を見ていただければ、納得していただけると
思います♪

障がい者の仕事ぶりを世の中へ

リベラル社員 革靴をはいた猫代表取締役

3日間実習指導にあたったクラフトマンも
魚見さんと宮崎さんから
多くのことを学び、感じたようです。
とても貴重な経験だったことが
表情からも伝わってきました。

また、直接指導にはあたりませんでしたが
他のクラフトマン達は、休憩時間になると
魚見さんと宮崎さんの周りを囲み
話す話す!大人気のおふたりでした^^
それもとても優しいお人柄と明るい笑顔を
クラフトマン達が感じていたからだと思います。

実習最終日は、魚見さんに目標シールを
貼っていただきました!
みんなで拍手!!!
「おめでとうございます!」
みんなの大きな声が事務所内に響き渡っていました^^

その後日、革靴をはいた猫様の映像をクラフトマン達と
観ました。

真剣に映像を見るリベラルのクラフトマン達。
観終わった後に

魚見さんが社長だなんて知らなかった!」
「靴を磨く時のこだわりがすごい!」
「熱い思いを感じる!」
障がい者が教えるというのが、リベラルと一緒!」

と、色々な意見があがりました。
そうなんです、革靴をはいた猫のみなさんも
障がい者が靴磨きを教えるということをされています。
リベラルと同じ思いで障害者雇用をされている
魚見さんをはじめ革靴をはいた猫で働く
みなさんのご活躍を知ることができ
リベラルもとても勉強になり、同時に励みになりました。

京都と東京と離れていても
「障害者雇用を事業性と社会性双方で実現しよう」
障がい者の仕事ぶりを世の中へ拡める」という想いで
それぞれが、それぞれの地でできることを最大限に。
終わりを決めるのではなく、進み続けることの重要性。
障害者雇用が義務や数字だけで表されるのではなく
人材育成として各企業で取り組んでいきたいという願いを込めて。

革靴をはいた猫様、本当に貴重な経験をありがとうございました!
リベラルも、東京で同じ想いをもって頑張っていきます!

行くとお約束させていただきましたので、
私たちが革靴をはいた猫のみなさんのところへ
勉強に行きます!
その時はもちろん革靴を履いて♪

革靴をはいた猫様は、出張型靴磨き店として
直接お客様と接し、決してミスの許されない靴磨きという
仕事をされている点が、リベラルと大きく違う点です。
私たちも、その仕事ぶりを学ばせていただきたいです。

  • リベラル社員 革靴をはいた猫代表取締役
    魚見さんに目標達成シールを貼っていただきました!
  • 「おめでとうございます」シールが貼られ、拍手が響きます
  • 革靴をはいた猫様の映像をみんなで観ました!