設立準備 ―日本一綺麗なOA機器を創る!―

すべてはここから始まった…
~障害者法定雇用率1.8%を達成しよう~

中居さんと初めてお会いした会議室。
今でもここが「リベラルの原点」です。

親会社(ラディックス株式会社)では、なかなか障害者雇用が進まず、1.8%の法定雇用率(2007年当時)を達成することができませんでした。
そこで、雇用率を達成すべく役員会にて障がい者の積極雇用を行っていくことが決定。
これがリベラルの始まりです。
障害者雇用について、最初に相談したのが、かつて特例子会社の社長をしており、定年後ハローワークで障害者雇用指導部門に勤めていた中居紀二さん(現、一般社団法人障害者雇用企業支援協会 障害者雇用アドバイザー)。
今でも中居さんの一言が忘れられません。
「障がい者を雇用するにあたり注意しなければならないことがあります。それは福祉で雇用するのではなく、戦力として雇用してください。」
この一言は、数年経った今でも鮮明に覚えています。
中居さんのおかげで、障害者雇用率は、3%(2013年3月現在)になりました。


リベラル設立準備
~障害者雇用について勉強しよう~

まず最初に取り組んだのが障害者雇用について・・・

障害の種類や障がい者を雇用している企業を調査しました。障害の種類・特徴、特例子会社の業務内容を把握した結果、「知的障がい者にしぼった雇用をおこなっていこう」と決定しました。


社名決定
~なぜリベラルという社名になったか~

障がい者について色々と調べていくうちに臨機応変(自由)に対応することが大切ということを実感。社内で健常者と同じ規定で業務をすることが難しいと判断した為、事業部ではなく別会社として設立することを決定しました。その際に、健常者、障がい者問わず誰でも楽しく働ける、自由な環境を持ったラディックスを作り上げたいという思いから、「Liberal of RADIX」→「RIBERAL」という社名になったのです。


「知的障がい者に
与えられる仕事は何なのか…」

新会社設立が決定しましたが、肝心の業務が決まっていない… グループ内で仕事の洗い出しを行ったが、大した量で出てきませんでした。
「新しい仕事を見つけるしかない!」 そう考え、新規ビジネスの模索。色々と候補が上がりましたが、知的障がい者の特徴である「単純作業や反復作業を得意とする」、これにあてはまる事業が見つかりません。
そんな中、会社で一台の汚れたコピー機を見たとき、
「綺麗に磨くことは、知的障がい者にできるかもしれない…」
この瞬間がリベラルの始まりだったと今では思います。

特例子会社での知的障がい者に関わるグラフ


会社としての自立、個人としての自立

最初に作ったプレゼン用のフロー。
今でも基本は変わっていません。

中古OAの清掃及び販売を事業とするプロジェクトが始動し、本格的に新会社設立の準備に取り掛かりました。

事業プランを練っている時、ハローワークの中居さんからの一言を思い出しました。
「障がい者を戦力として雇用してください…」
戦力とは何らかのプラスを会社にもたらさなければならない…
プラスをもたらすにはどうしたらいいか?

そこで目標を設定しました。
・障害者雇用率の達成とリベラル単体での黒字化。
・障がい者を戦力化し、社会人としても自立できるようにする。

この目標を達成するためにリサーチを開始し、その結果、

「中古だけど中古と思われないぐらい綺麗な商品を作ることができたら売れるかもしれない。売れる商品を創れる社員は、きっと自立できるだろう…」

こう考え、会社の指針を「日本一綺麗な中古OA機器を創ろう!」と設定しました。今でもこの指針は継続されています。


リベラル設立

リベラル設立
~障がい者の雇用開始~

2008年4月1日に会社設立、同年6月より健常者2名、障がい者5名でリベラルはスタートしました。

始めてのことだらけで、初日は16時に終了しましたが、その後2時間何も会話が出来ないほど疲れたのを今でも覚えています。

それでも「日本一綺麗な中古OA機器を創ろう」をスローガンに日々機器の分解の仕方や清掃方法、清掃道具や洗剤等、健常者・障がい者問わず、一つずつみんなで「考え」、「試し」、「方法を確立」していきました。

また、入社当初はトイレに行くときにも許可を求めていた従業員や雷が怖くて帰れない従業員、見学中に居眠りをした従業員、自分の名前を書けなかった従業員。

全員今では立派な社会人になりました。

 みんなで初めて磨いたコピー機!
うれしそうな笑顔です。


リベラルの工夫
~生産性向上プロジェクト~

設立当初の完了台数表。
5か月目で生産が伸び悩みました。

月々の完了台数グラフ。
みんなががんばった結果です!

7か月が過ぎたころ、一つの問題に当たりました。
生産性が向上しない…

何故生産性が向上しないか分析したところ、
・ラインが止まっている
・仕事とは結果ではなく時間という認識がある
・目標が与えられていない

このような結果が出ました。
その為、
・ライン作業からセル作業へ変更
・「仕事は時間ではなく結果」と朝礼や終礼で何度も説明
・生産台数にノルマを課し、達成できた場合はパーティーの開催
また、お客様からの感謝の言葉を社員全員に必ずフィードバックしています。

そうした結果、生産性が飛躍的に向上し、従業員一同お客様からの感謝の言葉を求め、「より綺麗な商品を製造しよう」と社員全員で思うことが出来るようになりました。


2名の退職
~笑顔でいられるように~

笑顔が失われない様…
全員で頑張っていきます

リベラルでは、2名の退職者が出ています。
その理由はそれぞれ違いますが、彼らだけが悪いのではなく、私たちにも問題がありました。
今後このような悲しいことがないように、江戸川区就労支援センターの荒川さんから教えてもらった障害者雇用の極意…
・のんき
・根気
・元気
この3点+αで活動していきます。
みんなが笑顔でいられるように…


白鷺特別支援学校との連携スタート
~地域の特例子会社を目指して~

これから社会へ羽ばたく、知的障害をもっている人達が社会経験をつむ場として利用してもらっています。 現在リベラルで行っているコピー機のリファイニング業務を支援学校の週2日間の実習に組み入れてもらい、リベラルの知的障害を持つ従業員を講師として派遣しています。
また、社内での実習にも力を入れています。

地域の特例子会社になれるように

【実習元一覧】

都立白鷲特別支援学校
筑波大学付属大塚特別支援学校
筑波大学付属聴覚特別支援学校
都立江東特別支援学校
都立葛飾特別支援学校
都立墨東特別支援学校
江戸川区立松江第五中学校
学校法人武蔵野東学園武蔵野東技能高等専修学校
江戸川区障害者就労支援センター
葛飾区障害者就労支援センター
社会福祉法人原町成年寮
特定非営利活動法人楡の木会 エルムワークメイト

特別支援学校の生徒も
一生懸命作業しています。


さらなる高みを目指して…
~生産性向上プロジェクト~

更なる生産性向上を目指し、法政大学及び株式会社カイゼンマイスター代表取締役小森氏の協力を得て、工程分析に着手しました。
その結果、
・重複した作業
・日によって変わる生産性
・完了した場所が理解できていない
こういった事実が判明しました。
この為、誰でも容易に作業完了場所が判別できる工程管理表を作成。
副次的効果として
・タイム・スタディー
・工程別に、時間の記載とハンコを押すことによる達成感と完了認識の植えつけ
・一般教養である「漢字」「地名」などを勉強できる
今でもこの工程管理表は大活躍しています。

この工程表でみんな
都道府県を勉強しています!


2017.09.20
御礼
皆様こんにちは!この度、エクセレントカンパニー賞受賞に際しましてはたくさんの方々からお祝いの言葉を頂戴しまして誠に…
2017.09.11
速報!東京都主催「障害者エクセレントカンパニー賞」をリベラルが受賞いたしました。
この度、リベラル株式会社は東京都主催 平成29年度新規事業において≪障害者雇用エクセレントカンパニー賞≫を受賞しま…
2017.09.04
8月目標達成パーティー開催しました!
みなさんおはようございます!いよいよ9月がスタートしましたね。涼しい日も増え、秋の訪れを感じる今日この頃です。夏が…

ハートフルマークは、「社団法人全国重度障害者雇用事業所協会」のシンボルマーク(文化庁登録第17298号の1)であり、あたたかいハートの中で障害者と経営者が共に手をとり合って働く姿をデザインしたもので、人のやさしさをハートの笑顔で表現しています。ハートフルマークの付いている商品をご利用いただくこと=障害者雇用の拡大に対し、ご支援いただいたということを意味しております。

精神障害者等雇用優良認定マーク

精神障害者等を中心として障害者の雇用促進に積極的に取り組む企業の社会貢献を評価するため、精神障害者等雇用優良企業認定制度を実施し、企業における障害者雇用への積極的な取組を推進することを目的としてします。